2007年08月21日

水草水槽レイアウト=水槽底材編=

水草水槽レイアウト =水槽底材編=
水草にとって底材は、とても重要で
植物が根をはる土場とおなじです。
なので水槽の底材は水草が根をはやし安定して養分が取れる物を選びましょう
最近は水槽ショップや水草ショップに行けば簡単に手に入ります。
水槽の底材には大きくわけて、海で採取した砂利や砂(大磯)などがありますが
海で採取したものは、栄養素がほとんど無く、塩分を含んでいる為
水草水槽ではあまりおすすめすることはできません。
一般的には、アクアソイルと呼ばれる土(泥)を高温で焼いたものを使うと
水草が必要とする栄養素も高く水草を健康的に育てる事ができます。
アクアソイルにはいろんな種類があり
目の粗いレギュラータイプや目の細かいパウダータイプがあります。
価格はレギュラータイプの方が安く長持ちしますので大型水槽など
大量に使用する場合におすすめですが、小さな水草(根の細い水草)には
パウダータイプの方が良いので、大型水槽の場合は底にレギュラータイプをひき
表面にはパウダータイプを引くとよいです。
そのほか
赤茶色のアフリカーナソイルや黒いアマゾニアソイルなど色も
水草水槽レイアウトするのに気に入ったものを使うと良いでしょう。
水草水槽レイアウト的に砂利を使いたい場合は川で採取したものを使うとよいでしょう。
その場合、底に栄養素の高いアクアソイルを引きその上に
ADA(アクアデザインアマノ)のアクアグラベル(小石や砂利)やブライトサンド(白い砂)を引く形で使うとよいでしょう。

posted by 水草水槽レイアウト at 13:26| 水草水槽レイアウト =水槽底材編= | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。